×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックを受けられない人

レーシックを受けられない人

1980年代後半から始まったエキシマレーザーによる屈折矯正手術は、
驚くほどの勢いで世界中に普及し、中でもレーシック手術は
今ではアメリカでは年間200万人以上の方が受けるポピュラーなものに なってきました。

レーシックは、手術中、手術後もともに痛みがほとんどなく、
視力の回復も早いことから、いまや近視手術の90%以上を占めています。

入院の必要もなく、翌日にはほぼ通常の生活を送ることができることから、
最近、日本でもレーシックを検討される方が急増中です。

このサイトでは、レーシックを検討されている方に、ちょっとしたマメ知識を お届けしていきます。


レーシックを受けられない人

レーシックを受けられない人
ゲームやパソコンなどの普及で、近視人口も増えていますが、
その全ての人がレーシックを受けられるわけではありません。

レーシック手術は、目という非常に敏感な器官を治療する手術です。
したがって、誰にでもできるわけではなく、目に何らかの疾患がある場合や、
特定の症状がある場合は、手術を施すことができません。

たとえば、レーシックを受けられない人には、緑内障、白内障、円錐角膜、ぶどう膜角膜、
ヘルペス性角膜縁を起こしたことのある人、術後に角膜創傷治癒家庭に問題のある疾患、
角膜疾患を起こす恐れのある薬剤の服用中
などがあげられます。

また、長年コンタクトレンズを使用している方に多いようですが、
角膜の内皮細胞が極端に少ない場合や、角膜が極端に薄い方
残念ながらレーシックを受けられない人に該当する場合が多いようです。

レーシックを受けられない人 眼に関する症状以外では?

   【ご案内】

   メールはこちら!
   管理人室直通【HOT LINE】までお願い致します。
   ※迷惑メール対策のため、★は@に変えてください。

   【お役立ちリンク集】


 リンク集

copyright© レーシックを受けられない人 All Rights Reserverd.


草津温泉フローリングビジネススクール賃貸 仙台植毛投資信託表札包茎手術パソコン電子デジタル